肝臓の元気ににんにく卵黄

肝臓の元気ににんにく卵黄

■肝臓の元気ににんにく卵黄
体を元気にするためにはいくつかの条件があります。
なかでも肝臓に注目してみましょう。
肝臓は主に体内の解毒作用を行っている場所です。
この機能が低下すると解毒作用が悪くなり、栄養の新陳代謝も低くなるので発病しやすくなります。
そうなると通常の生活を送れなくなるなど、生活にも影響がでてきてしまいます。
肝臓は体にとっても生活にとっても大切な臓器なのです。
そんな肝臓の機能アップを、にんにく卵黄で実現しましょう。

 

●ビタミンB群
ビタミンB群は、肝臓の糖質をエネルギーに変える働きをしています。
生活習慣の乱れや飲酒などによりビタミンB群が無駄に浪費されると、この働きは上手く機能せず、代謝が落ち、肝臓にとても負担がかかります。
そこでビタミンB群がたっぷり含まれているにんにく卵黄を飲み、不足しているビタミンB群を補いましょう。
アルコールは特にビタミンB群を大量に消費してしまうので、お酒を飲む前ににんにく卵黄を飲んでおくことをおすすめします。

 

●アリシン
ニンニクに含まれているアリシンは、肝臓の状態を正常に維持する働きをします。
また、肝臓に溜まった化合物質や有害物質を体の外へ排出する働きもします。
その強力な代謝パワーは、脂肪の代謝も促します。
内臓脂肪が気になったりダイエットを心がけている方には、ぜひチェックしていただきたい成分です。

 

●メチオニン
メチオニンは必須アミノ酸の一種です。
タンパク質と合成することにより、肝臓に溜まった老廃物を体外へ排出する働きがあります。
また血中のコレステロール値を下げたりと、肝臓の機能を補います。
にんにく卵黄でメチオニンを摂取することで肝機能を高め、肝臓から体を元気にしましょう。